引越し業者 松戸 初期費用

引越しの初期費用

引越し 初期費用

 

引っ越しには結構なお金がかかりますが、その中でも「物件の契約料」は高額ですね。
物件の契約費には、どんなものがあるのか確認してみましょう。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用としては以下のようなものがあります。

 

敷金・礼金・仲介手数料・家賃2〜3か月分・連帯保証会社利用費用・火災保険・カギの交換費用など

 

専門用語なので何のお金なのかわかりにくいですね。ひとつずつ見て行きましょう。

 

・敷金は、物件を退去する時に傷んだ床や壁などを修理するための費用で、入居前に管理会社に預けるという形で徴収されます。
もし部屋が綺麗で修理個所が少なく、お金が余った場合は返金してくれる管理会社もあります。

 

・礼金は大家さんに支払われるお金で昔からの慣習です。
しかし最近は賃貸物件もあまり気味のため、「礼金ゼロ」という物件も増えています。

 

・仲介手数料は不動産会社に支払う費用です。
法的には〇〇円と決まっているわけではないので、会社によって金額が異なります。仲介手数料無料の会社もあります。

 

・家賃2〜3か月分は家賃を先払いしてもらうことで、社会問題となっている滞納のリスクが少ないと判断されるのではないかと思います。
それなりの貯金がないと簡単に引越しできないということですね。

 

・連帯保証会社利用費用は身元保証の会社に支払う費用です。
昔は家賃滞納のリスクに備えて契約書に連帯保証人を記載するのが一般的でした。
しかし最近は一人親、一人っ子、親戚づきあいの希薄などから、連帯保証人を立てられない人も増えたため、身元保証会社にお金を払って利用することが増えました。

 

・火災保険は集合住宅であれば必ず加入しなければなりません。
もし火元が自分でない火事で「もらい火」をして全焼した場合でも、火元の住民に賠償を求めることはできません。
日本の民家は密集地かつ木造なので、1軒から火が出るとあっという間に広がりますから1人分の火災保険で周りの家まで保証できないのです。
もらい火でも自己責任となりますので、自分のために保険火災には加入しましょう。

 

・カギの交換費用は1・5〜2万円ほど費用がかかります。
カギは家族分をスペアキーとして作る人が多いため、一体いくつ作られたのか大家さんにも管理会社にもわかりません。
前の住人が良い人という保証はありませんので、防犯のことを考えても入居時に鍵は交換しましょう。

 

このような費用がかかります。