引越し業者 松戸 粗大ごみ

引越しと粗大ごみの廃棄法

引越し 粗大ごみ

 

粗大ごみの処分に困っていませんか?

 

粗大ごみというのは一辺が50センチ以上、または重さが50kg以上のものです。
ほかにも石油ストーブ・石油ファンヒーター・ガスコンロ・電子レンジは大きさにかかわらず粗大ごみです。

 

引越しは断捨離のチャンスでもありますから、いらない粗大ごみは思い切って断捨離しましょう。

 

しかしながら粗大ごみを捨てるのはちょっと手間がかかるのです。
市区町村によって回収方法は違いますが多くの自治体で行われている方法を記載しますね。

 

粗大ごみを捨てるには以下の2つの方法があります。

 

@業者に引き取りに来てもらう場合。
クリーンセンターやリサイクルセンターなどの粗大ごみを処理場に電話して回収に来てもらう日を予約します。
次にスーパーやコンビニで「粗大ごみシール」を回収手数料分買って、粗大ごみにシールを貼ります。
あとは約束の場所に時間以内に置いておけば、業者が回収に来てくれます。
シールは粗大ごみ1つにつき1枚必要です。手数料はごみの大きさによって異なります。

 

A自分で持って行く場合。
電話にて予約をして、指定された時間に申請した粗大ごみだけを自分でリサイクルセンターに持ち込みます。
この場合、粗大ごみシールを貼る必要はありません。100kg以下であれば手数料は必要ありません。

 

詳しくはお住いの市区町村の役場のホームページで確認してください。
ただし、いくつか例外があります。以下のものは粗大ごみ扱いができない家電です。

エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などは家電リサイクル法によって、家電を購入した家電量販店でのリサイクル(有料)が必要です。

 

家電を買い直す場合はそのお店でも回収できると思います。
もし購入した家電量販店が近くない場合やすでに閉店した場合は、自治体にご相談ください。